スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人3ヶ月目

2008.05.31 Sat 18:19

前回から、丸2ヶ月が経ちました。
で、つまりは社会人として働き始めて、2ヶ月が経っちゃったわけです。

よりリアルな感情を書き残しておきたいから、もっと更新したいんだけど・・・。

自分自身にまだまだ余裕がないのと、この4月から長年単身赴任中だった父が帰ってきて部屋の構成が変わってしまったことで、なかなか自由にPCに触る機会がなくなってしまいました(汗)
多少時間が取れても、やっぱりブログはゆっくり書きたいし。

そんなわけで、この2ヶ月。
なんだかんだと、バタバタと過ごしてきました。

4月の最初の3週間は、新入社員研修で講義を受けたり、数カ所工場の見学にいったり。
同年代の仲間たちとほとんどの時間を過ごしたから、大学の延長みたいな感じで、それなりには楽しかった。

でも、何で自分はこんなことしてるんだろうって思った瞬間もしばしば。
工場見学からの帰りのバスの中で、なんかすごく葛藤。

まぁ、だからと言って、どうすることもなく・・・。


研修後は、配属の部署へ。

でもさ、なんかね、うん。
思っていたよりも、あんまりおもしろい仕事じゃなさそう・・・って言うのが同期にもひた隠しにしてるホンネ。

もちろん新入社員だし、3ヶ月間は試用期間中だし。
単調な仕事だけなせいだと言われれば、それもあるのだけど。

先輩社員の仕事とか覗いても、どう発展しても今私の手元にある仕事の延長線上にあるにすぎないもの。
それをやりたい、やれるようになりたいと思うに至れない私としては、現状だけじゃなくて先行きも不安。

仕事はどちらかというと、今まで私が大学のサークルとかでやってきたことに似てて・・・。
それがかえって、新鮮味がない感じで。
大学出とは言え特別な資格を持っているわけではないけど、誰にでもできる仕事だから、自分はなめられているんじゃなかろうかって。

1日仕事して疲れ果てて出てくると、なんか自分を浪費した気分。
人間、生きるのには限りがあるのだから、この時間と体力をもっと違うところに回したいなって、私なんかは思ってしまう。

それプラス、思っていたほど英語に関係することができなくて悲しいし。

生きるのに必要な分のお金があればいい。
もっと好きなこと、好きな仕事があるんじゃないのかな?
それこそ大学院に進んでいたら、もっと充実した日々が得られたんじゃないの?
って、何度も繰り返す。


私の配属部署には、同期の男の子も一人いて。
任される仕事が違うものの、同じ総合職としては負けられないなって、負けず嫌いな闘争心も燻ってる。

同期とお昼を食べていたって、どうにもホンネなんか言えるはずもない。
うちの会社は、院生も短大生も一緒に採用してる。
別に、短大や専門大性を馬鹿にするつもりはないけれど、年齢的にも弱気なことを言えない強がりなわけで。

上司にかしずいて、同期に薄っぺらい笑いを向けて・・・。
そんな環境も、なんか納得いかない。


もちろん、会社に入らなければ知り得なかった現実とか、なんとなく感じる安定性とか、同期や先輩との新しい人たちとの出会いとか・・・。
それはそれで悪くはないし、嫌いとは言い切れないけれど。
このままなんとなぁくそれなりに真面目に過ごしていれば、それなりの生活が送れそうだとは分かる。
ずっと、将来どうしたらいいのかって考えてたから、やっとほっと一息つく場所ができたような安心感みたいなものもあるわけで。

でも、なんか、このままじゃダメな気がする。
このまま、5年、10年、20年、意味のない生活を送ってたら、何のために生きてるんだろうって。

1年は働く。
でも3年、5年、それ以上は分からない。
この場所で働いていたのかどうか。
自分の体力や時間を注ぎ込んでいいのか。

・・・そう思ってるから、気持ち的になんだか中途半端なのかな?

入社はしたけれど、自分がどうするべきなのかって考え続けなきゃダメみたい。
そう思う、入社3ヶ月目を迎える夕方なのです。


------------------------------
サイト、相当放置しちゃってます。
本当はいろいろやりたいんだけどなぁ。
もう少し経って、余裕が持ててきたら更新できるといいのだけど・・・。

それにしても、ここに会社のこと書くのって、気持ち的にしっくりこないなぁ。

卒業と始まり

2008.03.31 Mon 17:18

とうとう、3月の15日に大学を卒業してしまいました。
明日からは、社会人になります。

長かった学生生活の中でも、大学生活は特別なものだったようで。
結局最後の最後まで、卒業したくないなという気持ちで一杯。
今でさえ、あの時間に戻りたいと思ってる自分がいるのが正直なところ。

暇な時も、忙しい時も、どんな普通の時間さえなぜか楽しかった日々。
大好きな時間と、大好きな人たちが溢れてて、本当に大学が好きだった。

それまでの学生生活では、それなりに試練もたくさんあったし、辛いと思うことも多々あったわけだけど。
大学という性質柄、普通に過ごしていれば成績を別段気にする必要もなく。
強制参加の名の下に、あがく必要もなく。
自由に自分が楽しい方へ、安らぐ方へと向かうことができたような気がする。

もちろん、どうしたら楽しめるか、どうしたら楽しくできるか頭をひねる必要はあったし、どうしたら仲間との関係を築けるか悩むこともあったけれど。
それでも利害関係なく、手を借りながらも過ごしてこれた。

1・2年の頃は、本当にここで良かったのだろうかと悔んだ時間もあったけれど。
今は、胸を張って言える。

ここで良かったんだよって。
ほら、楽しかったでしょう?って。

大学での日々が、どうしようもなく愛おしくて、愛おしくて。
終わってしまうのが酷く悲しい。
終わってしまうものだと分かっていたのに、こんなにも苦しいなんて。
あの時間の中に、もっともっと浸っていたい。

これから先、こんなにもキラキラした時間がやってくるとは思えなくて。
こんなにも幸せな時間やってくるとは思えなくて。

辛いとかじゃなくて、幸せだからこそ。
今なら死んでもいいなと思った。
この時間を永遠にするには、その方法しかないわけで。
幸せなまま死ねるなら、この先を知らなくてもそれでもいいな・・・なんて考えたのは、本当は一瞬じゃない。
この春休みの間、少しだけ、何回かそう思った。

もちろん小心者だから、そんな大それたことはしないし、できない。
だって、例え何かが辛かったとしても、死ねるような肝じゃないから。

だけどね。
そんなこと一瞬でも思ってしまうくらい、私はこの4年間が大好きだった。


明日からは、社会人。
とても、不安な響き。

最近思ったけど、やっぱり私は刹那的にしか考えられてなかったみたい。

10年後働いてるとか、20年後結婚してるとか、全然イメージできない。
昔から思ってたけど、それより前に死んじゃうとかの方が、なんとなくリアリティがある気がしてた。

だから、どんなに就活を頑張っても、どこかで社会人になることにリアリティを感じてなかった。
もちろん、自分が選んだ道が正しかったのか、よく分かっていないというのも問題なのだと思うけど。
大した能力なんて持ってないはずなのに、もっと大きな何かができるんじゃない?もっと広い場所に出れるんじゃない?って思ってる部分もあったりで。

不安。
こんなに不安でいいのかという位、不安。
自分が選んだ会社ではあるけれど、期待や希望というよりも、不安。

どうにかしなくちゃと思う。
この先で、もっと新しい何かを見つけるのだとしても、今この場所でやらなくちゃいけないことが絶対ある。
せっかく入るのだから、この場所で最大限成長する必要があるはずだから。

そう思って、なんとかポジティブにいこうと思う、今現在。

不安の中で揺れながら、いっそ闘ってやろうじゃないか、何かを得られるのならば勝ち取ってやろうじゃないかといっそ思う。

まとまらない、変な気持ち。
まだ社会人とは言えない、3月31日の今が、ずっと続けばいいのに。


------------------------------
*引っ越しとかはしてないけれど、家庭内の生活環境が多少変わってしまい・・・。
急いで、だけど絶対書いておきたくて、なんとか。
これから、サイトとかブログとか更新していけるのか、ちょっと心配。

アット スクール

2008.01.22 Tue 16:30

すっごく久々に、学校から書いてます。

前は時々、学校から日記書いたりしたなぁ・・・。
ちょっと表を更新したりもした気がする・・・(苦笑)
サイトを始めたのが高校の終わりの頃だから、1・2年の時は、結構小まめに更新してたんだよね。

なんか、感慨深いなぁ。

授業は、実質あと3日。
・・・とはいえ、土曜は午前のみだから、あと2日かな。

人が行き交う校内も残りわずかだから、思わず用がなくても来てしまっている現状。

正直寂しい。
もう少し学生でいたい・・・。

言い出したらきりがないけど、しょうがないじゃない?
寂しい気持ちは、誤魔化しようがないんだもん。
どうしてみんな、そんなにさっぱりしていられるんだろ。

本当に、この学校生活が大好きだったんだなぁ、私。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。