スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「探偵たちの鎮魂歌」

2007.04.03 Tue 16:31



コナン10周年記念作品「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」、やっとこさテレビ放送~!!
1年待って、とうとう見ることができましたv

PC弄りつつの「ながら見」だったので、犯行関係はまったく把握できてませんが・・・(爆)
中途半端理解ですが、忘れないうちに、一通りの感想でも。

以下ネタバレしてます♪




全体的に、思っていたよりも楽しめました♪
「あれれ~。」って思ったくらい(笑)
10周年記念ってことだけが一人歩きしてる感があったので、あんまり期待しないようにブレーキかけてたせいかもだけど。

・とにかく豪華。
すごーい、ってな具合に、豪華でビックリ。
うまくいろんな人を出してるだけでもすごいと思ったけど、それぞれがまずまずキャラを出せてたのが良かったかな。
特に、おじさま方達!!
おっちゃんも、警部も、阿笠博士も、なんかかっこよかったvv
ただ、事件を追うだけじゃなくて、そういう大人の魅力も素敵♪
高木&佐藤刑事の出演の仕方もいい感じでv

・なかなかにスリル。
ところどころにスリル感が入っていて、その点では飽きなかった。
特に今回は、爆弾を身につけている上に、それが何個もあるからハラハラ。
バイクの奴らと戦うのもだけど、タイムリミットが近づくとこも、最後の元太の時計も。

・10周年記念作品で欠けたもの。
それはまさに・・・「新蘭」!!!!!
毎回、全部の映画でそれなりにちゃんとあった「新蘭・コ蘭」な部分が、ほとんどと言っていい程なかった模様。
ミラクルランドに蘭たちが入っていくところと、平次に状況を説明するところ位には、ちょっとあったけども・・・。
それ以外は、皆無。ねぇ、どうなの?それ。
「名探偵コナン」は、推理ありのラブコメだったんじゃなかったの!?
せいぜいさ、最後の爆弾のタイムリミットのとことか、ミラクルランドに入るとかで、「蘭!!」とかなんとか叫ぶなり、心の中で呼ぶなりして欲しかったヨーーーー!!!!!

あとあと、最初に連絡をとったのは哀にだったけども、蘭にどうして連絡しないの!?
入るのを止めるためなら直接連絡した方が早いし、そうじゃなくても、子供達を連れてる立場的にもさ!
タイムリミットが近づいてたとき、刑事達の雰囲気で蘭はうすうす気づいてたじゃん!
たぶん、心配をかけさせたくないとかだとは思うけど。
それが、コナンの背景の全部を象徴してると言うか・・・。
知らされないのもツライのよ!とコナンに言ってやりたくなったし。

どちらかと言うと、今回「探偵3人で推理を楽しんだコナン」という図が強いんですが・・・。
もう少し、人質達の心配をするとか、蘭に対して我武者羅な部分を出して欲しかったよ。
それがないのなら、「コナン」の10周年としては随分と欠落していたような気も。

・探ぼっちゃん
すでにいくつかネタバレを読んでたので、白馬がキッドの変装らしいというのは知ってました。
が、最後まではっきり良く分からず、思わず終わってから巻き戻しして、園子が時計を見つけた場面をもう一度見てしまった・・・。
まじ快を読んでないと、探の存在ってあんまり分からないだろうなぁってのもあるけど、もう少しキッドを分かりやすくしたら良かったのに。
キッドの「大切な人が」っていうのは、てっきり青子もミラクルランドにいるんだと思ってた。
・・・コナン達との関わり方とは、全然関係なかったのね。
その辺は、ちょっと良く分かってないから、もう一度ちゃんと見ないと。
元太の時計をジェットコースターから取り去ったのはなかなかだとは思ったけど・・・ちょっと無理があるなぁと思うのは、私だけかしら?
キッドの声、今回はちょっと新一に近かった気がするなぁ。


<その他ツッコミ>

・今回、哀が結構出張ってたよね・・・。
いや、悪くはないけども、ちょっとキャラが壊れてる感が否めず。
そりゃあ、「動くと死ぬわよ」には笑ったけどさ。
ちなみに、今回の脚本はいつもの方じゃないそうで。
「ベイカー街の亡霊」の時も多少あったけど、蘭よりも哀の方が、シリアス度が高くてストーリー的に使いやすいのかしら?

・パスワードの場面では、脈絡もなく「毛利蘭」って入れろ!と念じてました(笑)
何かしら無理にでも理由付けして、コナンと関係があるものにしてくれた方が、面白かったのになぁと思ったり。

・犯人(?)が事故で障害を負ってしまった人って言うのは、ちょっと都合のいいだけの設定だったように思う。
パスワードのとこで気絶したり、目が悪くてコナンだと判別し辛かっただとか。
でも、普通に画面見てたジャン!!
そんなに症状が重かったなら、こんな計画難しいじゃんよ!

・コナンが怪我をする必要性が分からなかった。
平次がおんぶしてあげてたのは可愛かったけどねぇ。

・「リセット」発言は・・・ちょっと意味不明。
新一の存在リセットしちゃったらダメじゃんよ!!
あ、それとも、「高校から小学生までの時間をリセットされてしまった」ということを言ってるのか?
それだって、組織にやられちゃっただけだし。
機械のリセットだって、なかなか怖すぎるって。

・ジェットコースターの場面はやっぱり消化不良。
あんなドタバタしてたら、いくらジェットコースターに乗ってるからって、変に思うでしょ・・・特にコナンの隣に座ってた蘭が!!
平次、思いっきり「工藤」って呼んでたし。
あ、それか、安全バーが一人ずつ解除だったら、飛んでいきそうになったコナンを、蘭が抱きしめるとかvv(オモイっきり妄想)

・EDの後、これまでの中で一番イマイチでした。
いっそここで新蘭を入れるとかできなかったのかなぁ。
(ジェットコースター時のフォローとかでもイイし、新一との電話の様子とかでもイイのに!)
今回はまったく必要性がなかったような。
あーうー。


冷静に考えると、多々納得がいかないところが多かったような気もします。
新蘭要素の欠落はイタカッタ・・・。
必要のない部分を省いて、二声、三声、「らぁぁぁん!!!」って叫んでくれれば、満足なのに(涙)
それだって、随分と控えめな願いだと思っているのだけど。

単に10周年のお祭り気分で見るにはなかなか良かったです。
かるーい気持ちでまた見ます。

そんなわけで、次回作を見られるのは、やっぱり来年になるでしょう。
期待は、薄めにしておくことにします(苦笑)


***

ちなみに、コナンフェアなごとく、いろいろなグッズやら限定モノの情報が流れてますねー。
私自身は、あまり集めたりはしてないんですが(←万年金欠人間)

サンデーをセブンイレブンで買うと、限定商品がくっついてくるらしい。
・・・どうしよ、買っちゃおうかな。セブンで。

サンデー買ったことないんだけど、その回のサンデーってコナン載ってるよね・・・?
ちょっと不安やわぁ(笑)

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。