スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵コナン実写版

2006.10.08 Sun 17:34

コナンの実写版の感想をば書こうかなと。

放送は、リアルタイムで一家で見ました。
結局、なんだかんだ言いつつ、妹弟も見るつもりだったようで。

始終、にやけてしまいそうになるのをこらえるのは、なんとも大変でした(爆)
コナン好きということが知られないよう、気にしていない振りをしつつ、何気に真剣に鑑賞してました。

時間がなくて、一週間も経ってしまいましたが、いろいろと、書かずにはいられないので書きます。
尚、私の個人的な意見ですので、あしからず。

そんなわけで、長いので「追記」からどうぞ。


***

 

簡潔に言うとしたら、「エンターテイメントとして、まずまず」と言うのが、私の率直な感想です。
それなりに、「名探偵コナン」をベースにしようという姿勢は伝わってきたので。

まず、登場人物。

私としては意外にも、新一役の小栗君は、よっぽど変ってわけではなかったかな。
たぶん、その大部分は、態度や台詞に存在してる、事件に対する姿勢だとか、蘭一直線なところからだと思うけれど。
見た目的には、もう少し華奢な感じでも良かったかなぁ~って・・・。
あと、髪型ね。
角なかったし(笑)、ちょっとモサモサで、その点は微妙でした。

そして私としてはこれまた意外にも、蘭役の黒川さんが、ちょっと蘭とは違うかなぁと。
最初は、いい感じかなと思ってたんだけど。
彼女は、「金八先生」の生徒で知ってたんだけど、あの頃より、少し太くなられて(失礼/謝)
家族では、そちらの方に視点が・・・。
それ以外にも、雰囲気や言動に、ちょっとはてな。
園子を心配して、犯人のところに行くのはいいにしても、新一との絡みがなんだか・・・。
何だろう?上手く言えないけど、お人よしで、涙もろいんだけど、しなやかな芯の強さみたいなのがちょっと足りなかった・・・はたまた無理やりっぽかったような気が。

小五郎役の陣内さんは、いい感じにぴったりでしたね。
まぁちょっと、張り切りすぎちゃってる感が強くて、ちょっと浮いてましたが。
おっちゃんのぼけな部分はすんごくよくって、贅沢を言えば、時々出てくる、おっちゃんの渋いとこなんかも、もう少し上手く出てればよかったなぁなんて。
園子も、それなりに満足。
最初声をかけたときなんて、アニメの園子の声の調子とか浮かんだし。

あと気になったのは目暮警部かな。
彼は、ひどかったなぁ。
どうしてああいう人選になったのか疑問。
まずどっしりしたところがなかったし、なんだかギャグみたいで納得できず。
目暮警部は、新一が高校生探偵として活躍する上で、お父さんみたいな人であって欲しいのに・・・。
それに反して、オリキャラな多摩川刑事は、それなりに設定がしっかりしてる気がしました。
せっかくなら、佐藤刑事とか高木刑事とか・・・白鳥刑事(!)とかも見てみたかったなと思ったり。

ストーリー展開は。

微妙でした。
全体的な流れは、結構コナンに似てて、蘭がさらわれるとことかも面白かった。
・・・でもさ、さすがに犯人が、蘭がさらわれたことを知らない時点で「彼女は」とか言っちゃうところに少し幻滅。
もちろん、実写という部分が大きなテーマであるにしても、もう少し高等なミステリーを期待していた自分が間違ってました・・・。
ミステリーに関しては、多少「金田一少年の事件簿」とかに見られる雰囲気が漂ってて笑いましたし。

そして、さすがに、あそこまでしてドアを蹴破ったりだとか、園子を下に下ろすために、ロープ巻きつけて、自分の体でロープを支えたりなんてしないだろう・・・。
そんなことを、黒川さんがやってる時点で、深夜の怪しいドラマみたいで、安っぽくて残念。
その上、そんな蘭の行動は、全部空振りだったりするし・・・。

あとは、全体的な矛盾ですかね。
そもそも、修学旅行って、高校2年の終わりぐらいなのでは?
でも、原作では2年の冬にコナンになってるわけだから、おかしい。
いや、時間的なものを百歩譲っても、修学旅行に一クラスだけで行くわけないし・・・。
っていうか、母親が娘に下着をプレゼントする上に、そうした事実を顔色変えずに推測する高校生探偵って・・・。

そんなこんなで、結局まとまりませんが。
それなりに家族で、ドラマを楽しんだわけです。

まぁ、新一である時点で、新蘭度は高くて、結構いい台詞も言ってましたね。
コナンになる前の新一は、やっぱりどこか事件を楽しんでる部分があって、そんな部分も表れていたし、それでも、蘭に対する真剣な気持ちも存在しているところは、良かったです。
それに対して、蘭の心情はあんまり分からず、最後に「信じてたから」とかいう言葉で片付いてしまったあたり、多少消化不良ですが。

いっそ、アニメで二時間スペシャルかなんかでやってくれたら、私としては10周年を祝うに相応しい大企画だったのにな・・・なんて思うのですが。
そしたらそしたら、新一大活躍で、山口勝平さん(新一の声優さん)大活躍で、目にも耳にもウハウハだったなぁなんて思ってる私は、どうせ馬鹿なコナンファンです(爆)

結局は、ドラマにすることに納得いかず。

いろいろ語って、たぶんドラマに納得がいったって言う人もいたろうなとは思うんだけども、やっぱりどんなに考えても原点回帰してしまうようです・・・申し訳ない。

結局のところ、それなりにドラマで楽しんだとしても、やはり原作&アニメがいいなぁ。
ドラマの公式サイトでも、何度か「続編を」って言葉が出てくるんだけど、それは勘弁。
どんなに青山先生がOK出しても、原作&アニメから生まれた「名探偵コナン」のファンは、結局は原作&アニメのファンですから。

そもそも、「名探偵コナン」なのに、「名探偵新一」なドラマとして成り立ってるからおかしいのよね・・・。
「名探偵新一」をやるなら、やっぱり原作&アニメが存在しないと。
で、それなら、コナン後の新蘭が見たいな・・・・・。
・・・なんて、だんだん話がそれますが・・・(笑)

そんなわけで、家族で楽しめた私としては、やっぱり「エンターテイメントとしてまずまず」なドラマでございました。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。