スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神はサイコロを振らない

2006.02.09 Thu 18:18

水曜10時の日テレ「神はサイコロを振らない」・・・見てます。(公式サイト
そして、結構好き。

感想は、後日また。今日はちょこっとメモ。

*****

『10年前のわたしからの質問』

10年前に愛していた人を、今でも一番愛していますか?
10年前に頑張っていた仕事を、今も続けていますか?
10年前いつも一緒だった友達は、今も一番の親友ですか?
10年前泣いた映画で、今も泣けますか?
10年前楽しみだった誕生日は、今も楽しいものですか?
10年前に星を数えた夜空を、時には見上げていますか?
10年前にしていた恋のように、今もトキメクことはありますか?
10年前になりたかった自分に、今なっていますか?
10年前に探していた自分の居場所は、みつけられましたか?
10年前の正義感や情熱を、今も持ち続けていますか?

この10年間、精一杯生きましたか?

*****

ドラマのタイトルであり、公式HPに書いてあった言葉。

結構、考えさせられるものばかりだよね・・・。
これを自分自身に問いかけながら生活するべきかも・・・なんて。

ちなみに・・・

*****

『神は、サイコロを振らない』 Byアインシュタイン
・われわれ人間は、神のそれを受け入れるしかない
・確定できないまるで博打のような理論に対して
・我々人間は神のすることをありのままに受け止めるしかない...。

*****

このドラマで、初めて知ったアインシュタインの言葉。
ちょこっと立ち寄ったサイト様方で書かれていた言葉によると、こういう意味らしい。

ドラマでの台詞を忘れてしまったこともあって、正確な意味がまだつかみきれていないけれど・・・。

「神はサイコロを振らない」から・・・つまり、たとえ神という存在がいたとしても、私達のことを決めるわけではない。
私達は、私達自身の力や考えで、自分のことを決めることができる。
・・・「サイコロを振るのは、自分自身である」。

昨日、ドラマを見ていて、そんな風に思った。

私は、運命云々とか思っていないし、今簡単に書き表せるものではないけど・・・。
もしも、最初の振り出しが決められていたり、大まかな道筋があったとしても、その中で自分を動かすのは自分だけ。

そんな風に、ふと思ったりしたのでした。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。