スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トゥルーコーリング」

2005.09.13 Tue 17:50

テレビ東京でやっていた「トゥルーコーリング」が終わってしまいました。

叫ばずにはいられないので、以下ネタバレで。
見てもOKな方は、以下のネタバレへ。(伏せてません)


***



・・・・・なにソレ、終わってないじゃん。

と、いうのが正直な感想。
これまで見ていたのは、いったいなんだったんでしょう・・・。

番組の製作自体が打ち切りになったことは、前に調べ済みだったから、心構えだけはあったけれど・・・。

ハリソンが、父親に殺されそうになったところまでは、「お、最終回らしいね♪」と思っていたのに。
ちょっとくらい謎が残っても、それなりに理由付けをしてくれさえすれば、まだ納得できたのに(涙)

新しい彼が、さりげなく一つ多くろうそくをつけたことに、前の彼ルークに対してなのだなぁと、ささやかながら感動したり。
いつものように、「まさか娘が・・・」っていう驚きも感じたけれど。

結局は、トゥルーの父親とジャックの関係が分からないままじゃ、全然納得できないし・・・できるわけないし。
最後のクリスマスパーティーの場面は、いっそ気持ちがしらけてしまうし・・・。

ジャックの仲間の精神科医に、デイビスがトゥルーの秘密を喋ってしまったこともトゥルーは知らないし。
白々しく、ジャックと父親は初対面の挨拶してるし。

トゥルーのかっこよさと芯の強さがあって、スリル満点で。

そしてやっぱり、生と死という倫理的でありながら、難しい問題を扱っていて、本当に面白かったのに・・・。

・・・・・この終わり方は、海外ドラマファンとしてもイタイ・・・なぁ。
あぁあ、続きが気になる・・・。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。