スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業と始まり

2008.03.31 Mon 17:18

とうとう、3月の15日に大学を卒業してしまいました。
明日からは、社会人になります。

長かった学生生活の中でも、大学生活は特別なものだったようで。
結局最後の最後まで、卒業したくないなという気持ちで一杯。
今でさえ、あの時間に戻りたいと思ってる自分がいるのが正直なところ。

暇な時も、忙しい時も、どんな普通の時間さえなぜか楽しかった日々。
大好きな時間と、大好きな人たちが溢れてて、本当に大学が好きだった。

それまでの学生生活では、それなりに試練もたくさんあったし、辛いと思うことも多々あったわけだけど。
大学という性質柄、普通に過ごしていれば成績を別段気にする必要もなく。
強制参加の名の下に、あがく必要もなく。
自由に自分が楽しい方へ、安らぐ方へと向かうことができたような気がする。

もちろん、どうしたら楽しめるか、どうしたら楽しくできるか頭をひねる必要はあったし、どうしたら仲間との関係を築けるか悩むこともあったけれど。
それでも利害関係なく、手を借りながらも過ごしてこれた。

1・2年の頃は、本当にここで良かったのだろうかと悔んだ時間もあったけれど。
今は、胸を張って言える。

ここで良かったんだよって。
ほら、楽しかったでしょう?って。

大学での日々が、どうしようもなく愛おしくて、愛おしくて。
終わってしまうのが酷く悲しい。
終わってしまうものだと分かっていたのに、こんなにも苦しいなんて。
あの時間の中に、もっともっと浸っていたい。

これから先、こんなにもキラキラした時間がやってくるとは思えなくて。
こんなにも幸せな時間やってくるとは思えなくて。

辛いとかじゃなくて、幸せだからこそ。
今なら死んでもいいなと思った。
この時間を永遠にするには、その方法しかないわけで。
幸せなまま死ねるなら、この先を知らなくてもそれでもいいな・・・なんて考えたのは、本当は一瞬じゃない。
この春休みの間、少しだけ、何回かそう思った。

もちろん小心者だから、そんな大それたことはしないし、できない。
だって、例え何かが辛かったとしても、死ねるような肝じゃないから。

だけどね。
そんなこと一瞬でも思ってしまうくらい、私はこの4年間が大好きだった。


明日からは、社会人。
とても、不安な響き。

最近思ったけど、やっぱり私は刹那的にしか考えられてなかったみたい。

10年後働いてるとか、20年後結婚してるとか、全然イメージできない。
昔から思ってたけど、それより前に死んじゃうとかの方が、なんとなくリアリティがある気がしてた。

だから、どんなに就活を頑張っても、どこかで社会人になることにリアリティを感じてなかった。
もちろん、自分が選んだ道が正しかったのか、よく分かっていないというのも問題なのだと思うけど。
大した能力なんて持ってないはずなのに、もっと大きな何かができるんじゃない?もっと広い場所に出れるんじゃない?って思ってる部分もあったりで。

不安。
こんなに不安でいいのかという位、不安。
自分が選んだ会社ではあるけれど、期待や希望というよりも、不安。

どうにかしなくちゃと思う。
この先で、もっと新しい何かを見つけるのだとしても、今この場所でやらなくちゃいけないことが絶対ある。
せっかく入るのだから、この場所で最大限成長する必要があるはずだから。

そう思って、なんとかポジティブにいこうと思う、今現在。

不安の中で揺れながら、いっそ闘ってやろうじゃないか、何かを得られるのならば勝ち取ってやろうじゃないかといっそ思う。

まとまらない、変な気持ち。
まだ社会人とは言えない、3月31日の今が、ずっと続けばいいのに。


------------------------------
*引っ越しとかはしてないけれど、家庭内の生活環境が多少変わってしまい・・・。
急いで、だけど絶対書いておきたくて、なんとか。
これから、サイトとかブログとか更新していけるのか、ちょっと心配。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。